第47回 新シリーズ 遠近両用コンタクトレンズ「Lactive」

Menicon Radio

2022.4.27 第47回 新シリーズ 遠近両用コンタクトレンズ「Lactive」

コンタクトレンズメーカー”メニコン”の田中英成社長のユニークなキャラクターをフリーアナウンサーの川本えこが様々な角度で切り取ります。ビジネスだけでなく社会・カルチャー・エンタメなど幅広い分野・話題でお届けする情報番組

第47回 新シリーズ 遠近両用コンタクトレンズ「Lactive」

再生するには▶︎をクリック!

※ 以下のブラウザで再生できます。
・Google Chrome
・Safari
・Firefox
・Microsoft Edge最新版(https://www.microsoft.com/ja-jp/edge
再生できない場合は、最新バージョンにアップデートしてください。
Internet Explorerは非対応です。ご注意ください。
〜 CMキャラクター櫻井翔さん 〜
00:00 挨拶
00:08 遠近両用コンタクトレンズ新シリーズ「Lactive」記者発表に大勢の記者の方にお越しいただいた
00:50 CMキャラクターの嵐の櫻井翔さんはカッコ良かった!
01:05 田中社長のアイデアで記者発表の内容を急遽変更したことに櫻井翔さんが驚いた
01:57 櫻井さんに期待することは、”老眼をさわやかになイメージに変えたい”
02:30  日々、社会(世界)を見ている櫻井さんの誠実さが伝わる
02:50  「Lactive」は造語。長い人生をポジティブに充実したものに変えるために「Live」と「Active」を組み合わせた
03:36 目の筋肉は鍛えることができないので、肉体的に若くても老眼は進んでいて自覚がない方も多い
04:45 目の調節力は10代の頃が圧倒的に強い。そして30代では10代の半分にまで減少していると考えられている
05:16 40代、50代になって自覚し始める頃に目が疲れたり肩こりなどの症状が出やすくなる
06:02 近くを見る時間が長いほど目の筋肉を使うので、PCやスマホを使う方は注意が必要
06:38 老眼を自覚する前に対策しておけば、目の筋肉の負担を減らすことができると考えられるので「Lactive」を提案した
07:04 10代の頃の調整力をコンタクトで保つことができれば、目の筋肉の疲れは少なくなるだろうという考えから「Lactive」を提案
07:53  眼精疲労や肩こりを感じたらマッサージだけではなく、目の負荷を取るために「眼科を受診」することをお勧め
08:32 「TVCM」で「まずは眼科へ」と櫻井翔さんに言って頂いているのは原因にきちんと対応していただきたいという思いから
08:54 「Lactive」は商品名ではない。遠近両用コンタクトレンズのシリーズがある!
09:34 まずは眼科で相談することが重要
10:07 CM(Lactive「近くも遠くも櫻井翔さん」篇(30秒))
10:37 END
各ポッドキャストサイト他でも配信中
田中 英成(たなか ひでなり)社長プロフィール
1959年京都生まれ。愛知医科大学医学部医学科を卒業。勤務医として研鑽後に眼科専門医を取得し、開業を経てメニコン入社。サブスクリプション成功の先駆けとして業界内世界初の定額制会員販売システム「メルスプラン」を考案。2000年に40歳で社長就任。業績をV字回復させ2015年に東証一部上場を果たす。また、クラシック演奏家や俳優などの育成を目的に、『あおい英斗(ペンネーム)』として歌劇の脚本作詞を手掛け、処女作『ラジオミュージカル 本能寺が燃える』では、2011年ギャラクシー奨励賞を受賞。のちに『戦国オペラ 本能寺が燃える』『ミュージカル キミのために散る』、『幕末オペラ 歳三を愛した女』などを舞台化。一般社団法人 日本コンタクトレンズ協会相談役(前会長)、一般社団法人 スター・クラシックス協会理事長、公益財団法人 東京二期会理事、公益社団法人 セントラル愛知交響楽団理事、学校法人 名古屋自由学院理事などを兼務。
川本 えこ(かわもと えこ)プロフィール
ラジオDJ / ナレーター
1995年 関西でラジオデビュー。
2001年から2019年まで名古屋のFMラジオ局で生放送番組を18年担当。
インタビューはミュージシャンや著名人など4000組を超える。
2019年より東京でも活動を開始。
error:
タイトルとURLをコピーしました