Menicon Radio 第11回「脚本家 あおい英斗 先生とは」

Menicon Radio

2020.12.09「メニコン 代表執行役社長 田中英成 の、もうひとつの顔とは!」

コンタクトレンズメーカー”メニコン”の田中英成社長のユニークなキャラクターをフリーアナウンサーの川本えこが様々な角度で切り取ります。ビジネスだけでなく社会・カルチャー・エンタメなど幅広い分野・話題でお届けする情報番組

第11回 脚本家 あおい英斗 先生とは

再生するには▶︎をクリック!

2020.12.09
メニコン 代表執行役社長 田中英成 の、もうひとつの顔とは!
※ 以下のブラウザで再生できます。
・Google Chrome
・Safari
・Firefox
・Microsoft Edge最新版(https://www.microsoft.com/ja-jp/edge
再生できない場合は、最新バージョンにアップデートしてください。
Internet Explorerは非対応です。ご注意ください。
00:00 あおい英斗先生、こんにちは
00:45 いつ頃から脚本家 あおい英斗として活動しているのか?
01:23 初脚本「本能寺が燃える」を書き上げたきっかけ
02:43 初めて書いた脚本は3日で書き上げた
03:25 ミュージカル「本能寺が燃える」とは
04:00 なぜミュージカルにしたのか?
04:58 上演するには難題山積だったのでラジオドラマに
06:30 3ヶ月間ラジオ放送し高聴取率番組に
06:44 ギャラクシー賞ラジオ部門奨励賞を授書
07:15 舞台化され各地で上演
07:34 「脚本家 あおい英斗」名前の由来
08:28 手掛けた脚本は3作
08:46 2作目「キミのために散る」について
09:09 3作目「歳三を愛した女」について
09:22 「キミのために散る」はJFN奨励賞を受賞
09:32 いつ執筆をしているのか?
10:38 脚本を書くときに意識していることは?
11:12 あおい英斗の新作は?
11:20 「歳三を愛した女」をオペラ化し10月に映像収録をした
12:50 キミのために散る」を12月に上演する想い
13:40 12月16、17日名古屋市芸術創造センターにて「キミのために散る」上演予定
※主催:日本新作ミュージカル制作委員会/マミ・コーポレーション
14:28 CM(メルスプラン
14:58 END
各ポッドキャストサイト他でも配信中
田中 英成(たなか ひでなり)社長プロフィール
1959年京都生まれ。
創業者田中恭一の長男。愛知医科大学を卒業、眼科専門医を取得後、眼科勤務医を経てメニコンへ入社。環境変化に伴い、悪化した業績を立て直すため、業界内世界初の定額制会員販売システム「メルスプラン」を考案し、市場に導入させる為、2000年に40歳で社長へ就任。プライベートでは「あおい英斗(ペンネーム)」として脚本や作詞を手掛け、代表作ラジオミュージカル「本能寺が燃える(2011年ギャラクシー奨励賞受賞」、などを制作。各方面で将来性のある若い音楽家や俳優の支援も行っている。
川本 えこ(かわもと えこ)プロフィール
ラジオDJ / ナレーター
1995年 関西でラジオデビュー。
2001年から2019年まで名古屋のFMラジオ局で生放送番組を18年担当。
インタビューはミュージシャンや著名人など4000組を超える。
2019年より東京でも活動を開始。
error:
タイトルとURLをコピーしました