Menicon Radio 第14回「メニコンの海外事業戦略について」

Menicon Radio

2021.1.20「多くの海外に進出しているコンタクトレンズの話を田中社長とともに!」

コンタクトレンズメーカー”メニコン”の田中英成社長のユニークなキャラクターをフリーアナウンサーの川本えこが様々な角度で切り取ります。ビジネスだけでなく社会・カルチャー・エンタメなど幅広い分野・話題でお届けする情報番組

第14回 メニコンの海外事業戦略について

再生するには▶︎をクリック!

2021.1.20
多くの海外に進出しているコンタクトレンズの話を田中社長とともに!
※ 以下のブラウザで再生できます。
・Google Chrome
・Safari
・Firefox
・Microsoft Edge最新版(https://www.microsoft.com/ja-jp/edge
再生できない場合は、最新バージョンにアップデートしてください。
Internet Explorerは非対応です。ご注意ください。
00:00 メニコン事業所は11ヵ国14施設
00:37 メニコン製品取扱は80カ国以上
00:46 特に大きいのはフランス、ドイツ、オランダ
00:57 海外でのコンタクトの製造について
01:08 オランダ工場はヨーロッパ最大と自負
01:21 シンガポール工場では1dayタイプ
01:33 国内製造は 関市、各務原市
02:04 日本で初めて角膜コンタクトレンズを製造した企業
02:15 初めての海外進出は1977年にフランス
02:33 フランス政府からシュバリエ(国家勲章)を授与
03:02 なぜフランスだったのか
04:48 当時の海外のコンタクトの処方について
05:17  アメリカでの展開について
06:43 アメリカではPB製品も展開
07:42 アジアでの事業展開について
08:37 中国での事業展開について
09:24 中国の若年層のトレンドについて
09:59 今後のヨーロッパでの展開について
11:02 メニコンのSDGsへの取り組み
11:56 次に進出を狙っているのは
12:30 インドというマーケットは
13:10 事業進出の前に取り組むこと
13:56 CM(メルスプラン)
14:26 END
各ポッドキャストサイト他でも配信中
田中 英成(たなか ひでなり)社長プロフィール
1959年京都生まれ。愛知医科大学医学部医学科を卒業。勤務医として研鑽後に眼科専門医を取得し、開業を経てメニコン入社。サブスクリプション成功の先駆けとして業界内世界初の定額制会員販売システム「メルスプラン」を考案。2000年に40歳で社長就任。業績をV字回復させ2015年に東証一部上場を果たす。また、クラシック演奏家や俳優などの育成を目的に、『あおい英斗(ペンネーム)』として歌劇の脚本作詞を手掛け、処女作『ラジオミュージカル 本能寺が燃える』では、2011年ギャラクシー奨励賞を受賞。のちに『戦国オペラ 本能寺が燃える』『ミュージカル キミのために散る』、『幕末オペラ 歳三を愛した女』などを舞台化。一般社団法人 日本コンタクトレンズ協会相談役(前会長)、一般社団法人 スター・クラシックス協会理事長、公益財団法人 東京二期会理事、公益社団法人 セントラル愛知交響楽団理事、学校法人 名古屋自由学院理事などを兼務。
川本 えこ(かわもと えこ)プロフィール
ラジオDJ / ナレーター
1995年 関西でラジオデビュー。
2001年から2019年まで名古屋のFMラジオ局で生放送番組を18年担当。
インタビューはミュージシャンや著名人など4000組を超える。
2019年より東京でも活動を開始。
error:
タイトルとURLをコピーしました